銀歯でデメリットはあっても

虫歯治療の際に空いた穴に詰め物をすると思うのですが、銀歯を使うか、セラミックを使うかと言う選択肢があるような気がします。
大きな治療でなければそれ以外にも選択肢があるようですが、奥歯の大きな虫歯治療なんてことなった時には、銀歯を選択する人がまだまだ多いと感じます。
出来れば見た目にも綺麗な歯が良いのは誰もが思うことですが、セラミックということなると、保険適応外と言うことで費用がとてつもなく高額になってきます。銀歯であれば保険も効きますから、手軽な費用で治療をして貰うことができると言うわけです。
銀歯でデメリットと言うと見た目が一番だと思うのですが、それ以外にも詰めた銀歯の下の歯が虫歯になるといった可能性が高くなるというデメリットもあるようです。
セラミックの場合は接着がぴっちりとされると言うことで、そういった虫歯になるという可能性はかなり低いものになるそうです。
だからと言って、1本数万円から10万円以上と言われているものにするなんて言うのは中々できないことだとは思うんですけどね。
セラミック使用が保険適応になれば1番良い話なんですけどね。
そうならない限り、銀歯でデメリットが多いと言うことであっても、銀歯を選ぶしかないと言うことですからね。