鍼治療で内出血してしまったら

最近は鍼治療もわりと一般的な治療として人気を集めているそうです。
鍼治療は極細の鍼をツボに刺して、直接的に体調改善を図るためのものなんだそうです。
「鍼(ハリ)」と聞くと、「痛いんじゃないか?」と心配になられる方も多いそうですが、治療に使う鍼は髪の毛程度の超極細の鍼なので「うん?今何か刺さった?」と思うくらいでほとんど痛みはないそうです。
しかし、敏感な人は鍼の痛みを感じることもあるそうで、場合によっては鍼を刺した部分が翌日内出血していることもあるそうです。
もし鍼治療で内出血した場合にはどのように対処すればよいでしょうか?
一般的に鍼治療をした後に起きた内出血は体に影響を及ぼすものではないそうで、内出血したとしても時間が経つにつれて消えていくのがほとんどです。
もし内出血してしまったら、氷などで患部を冷やしましょう。
その後また温めるとリンパの流れが良くなるので、どんどん色も薄くなって数日くらいでだんだんと消えていくそうです。
内出血は起こる人と怒らない人個人差がありますので、もし内出血したとしても焦らず対応できるようにしておきたいですね。